東京ひとり

難しいことよくわかんない… 都内ひとり暮らし男の雑記です。

高画質な無音カメラの決定版!【OneCam】がおすすめ!

iphone7に変更して結構戸惑ったのは純正カメラアプリのシャッター音の大きさでした。外ではいいのですが、お店で写真を撮る際、爆音でかなり注目を集めてしまいます。裏技で音が消せるらしいのですが、やり方が面倒だったり今後のアップデートで使用できなくなる可能性が高いのでレビューが一番良かった【OneCam】をインストールしました。
評判どおり性能がよく、普段使いにしているので今回は【OneCam】をご紹介いたします!

OneCamの使用感

f:id:tokyohitori:20161020215308p:plain


メイン画面はシンプルで純正カメラアプリより若干アイコンデザインが野暮ったい感じはしますが直感的に機能が分かる感じです。カメラアプリで重要な起動時間も早く、純正アプリから乗り換えても問題なしです。

f:id:tokyohitori:20161020215417p:plain

※グリッドを表示させた時の画面

 

純正カメラアプリとの画質比較

一番気になる画質、無音カメラアプリは画質が劣化するものが多いらしいのですが

【OneCam】に関してほとんど劣化せず高画質のまま撮影出来ます。

画像サイズ一覧

OneCamには様々な解像度に対応しています。

f:id:tokyohitori:20161020221707p:plain


4:3 852×640
4:3 640×480
1:1 640×640
16:9 1920×1080
4:3 1600×1200
1:1 1200×1200
4:3 4032×3024
1:1 3024×3024
3:2 4032×960
CALS 1280×960
※CALSとは
電子納品用の工事写真専用モードのようです。一般的には使わない機能かな?

 

機能一覧

位置情報のON/OFFが切り替えられる

通常撮影された画像には
・いつ撮影したか
・どこで撮影したか
などの情報が埋め込まれています。
情報を読み取るソフトなどがありますので自宅で撮影した写真などをSNSに上げる場合など変更したほうが安心です。

SNSとの連携機能

【OneCam】には撮影した写真をSNS(Instagram、Twitter、Facebook)にフリックしただけでアップロードできる機能が搭載されています。
設定次第で右フリック、左フリック、下フリックの3つに振り分けられますのでSNSで食べ物や風景、友人などの写真を共有する際に便利な機能です。

 

フォーカスと露出を別々に設定できる

あまりカメラに詳しくないのですが、少し調べたところ
フォーカス→文字通り焦点を合わせて被写体を鮮明に写すこと
露出→明るさの事
使いどころとしては強調させたい物にフォーカスを合わせ目立たせる。
露出で全体の明るさを調整といった感じです。

 

f:id:tokyohitori:20161020220848p:plain

その他の機能

タイマー機能
枚数指定の連写機能
日付と時刻の挿入機能
アルバムの列表示

アップデート

有料アプリにもかかわらず今までで50回もの無料アップデート、個人で製作されていますがサポートもばっちりです。
製作者さんのWEBサイト

 

まとめ

動画やスローモーションは撮影できませんが、純正カメラアプリより多機能なのでおすすめです!
iphoneのシャッター音でお困りなら240円で高機能、高画質な【OneCam】に乗り換えましょう!

広告を非表示にする