読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ひとり

難しいことよくわかんない… 都内ひとり暮らし男の雑記です。

おすすめの戦争映画10選!

映画

f:id:tokyohitori:20161031211237j:plain

先日始めてプラトーンをHULUで鑑賞しました!

かなり昔の映画でCGやVFXに慣れてしまっている自分が満足出来るか心配でしたが、かなり楽しめました!戦争映画は名作が多いですよね、そこで僕がおすすめする戦争映画10本をご紹介します!

 

プライベート・ライアン

1998年公開 監督:スティーヴン・スピルバーグ
映画史に残るシーンといわれる、冒頭20分のノルマンディー上陸作戦シーンは18年前の映画とは思えないリアリティーで圧巻です。
4人兄弟中、3人が戦死。残されたライアンを救出に向かう兵士たちを描いたストーリー。ライアン役のマット・デイモン以外の主要メンバーは軍のブートキャンプを10日間行い、苦楽をともにしたメンバーと意図的に外されたマット・デイモンは監督の意図通り険悪な雰囲気になったそうです。

バンド・オブ・ブラザース

スティーヴン・スピルバーグとトム・ハンクスによって製作された二次世界大戦を題材としたテレビドラマ。
こちらもテレビドラマとは思えないほどお金がかかっています。
プライベートライアンがお好きな方はこちらもおすすめです。

FURY(フューリー)

2014年公開 監督:デヴィッド・エアー
ブラットピット主演の戦車をメインとした戦争映画。
本物のティーガー戦車を使用したことで話題になりました。
戦車の性能でここまで戦況が変わるのかと驚いた作品です。戦車の中がリアルに描かれていて歩兵も怖そうだけど
戦車に乗ってても安全じゃないんだなと思いました。
印象的なのは戦車から発射される砲弾の風切り音と弾丸が地面や装甲に当たった時のはね方です。
当たって爆発のような単純なアクションでなく、目の前で起こっているようなリアルさでした。

プラトーン

1986年公開 監督:オリバー・ストーン
監督の実体験に基づきベトナム戦争の暗部を描いた作品。パッケージなどにも写されている、兵士がひざまずき両手を挙げているシーンですが、てっきり主演の
チャーリー・シーンかと見る前までは思っていました。
こちらは30年も前の映画、チャーリー・シーン演じる新兵クリスを通じてベトナム戦争の過酷を描く。
ベトナムの亜熱帯、いつ敵が来るか分からない状態で神経をすり減らしている様子が手に取るように分かります。

フルメタル・ジャケット

1987年公開 監督:スタンリー・キューブリック
大きく2部に分かれているベトナム戦争を題材にした戦争映画。スタンリー・キューブリックの後期の作品。
1部は海兵隊訓練所で新兵が受ける過酷な訓練、ハートマン軍曹が有名ですね。
2部はベトナムでの行動が描かれている。反戦でも戦争賛美でもない、戦争そのものを描いた作品です。
ミリタリーケイデンス

スターリングラード

2001年公開 監督:ジャン=ジャック・アノー
第二次世界大戦時にソビエト連邦の狙撃兵として活躍し、英雄となった実在の人物ヴァシリ・ザイツェフを主人公に、スターリングラード攻防戦を描いたフィクション。
砲弾の爆発音に合わせ狙撃を行うシーンが印象的、狙撃シーンが好きな人におすすめな映画です。
戦場で士気をあげるために英雄としてプロパガンダに利用されていく主人公の葛藤なども描かれています。

イングロリアス・バスターズ

2009年公開 監督:クエンティン・タランティーノ
5章によって構成された第二次世界大戦中のナチス占領下のフランス
ナチス・ドイツ指導者の暗殺を企てる主人公たちの過去から実行に写すまでの戦争映画。長々と続く意味ありげな会話のやりとり、スタイリッシュな殺害シーン、タランティーノぽさ前回の戦争映画です。

ハート・ロッカー

2008年公開 監督:キャスリン・ビグロー
女性監督。イラク戦争中のアメリカ軍の危険物処理班の活躍を描く。
死をもおそれない主人公と爆弾魔との死闘が描く。

ホテル・ルワンダ

2004年公開 監督:テリー・ジョージ
公開嘆願の署名運動が行われ、公開が決まった映画。
民族対立の事や、社会情勢に関して冒頭で説明されているので予備知識がなくても楽しめます。
主人公のホテルマンの家族を守る姿に感動します。

 

ロード・オブ・ウォー

2005年公開 監督:アンドリュー・ニコル
「死の商人」と言われる武器商人をテーマとしたニコラス・ケイジ主演の複数の伝説的な武器商人の取材を元に作られたエピソードをまとめられた半フィクション半ノンフィクション映画。
おすすめの冒頭の映像、1発の弾丸が製造され、配送、そして使用されるまでの映像が描かれている。
お金の力で奥さんを射止めたり、自分の商売で多少悩むがクヨクヨせず坦々を話が進んでいく。

 

アメリカンスナイパー

2014年公開 監督:クリント・イーストウッド
イラク戦争に4度従軍したクリス・カイルが著した自伝を映画化されたもの。
戦争後、PTSDにより日常に戻れなくなった主人公の行動が恐ろしい、、、
クリス・カイルを殺害した男の半生

『アメリカン・スナイパー』を殺害した男の壮絶な半生に迫る | Qetic | 時代に口髭を生やすニュースメディア”けてぃっく”

気になる映画

地獄の黙示録

戦場でワルツを

グッドモーニング ベトナム

シンドラーのリスト

ジョニーは戦場へ行った

戦争映画は名作ぞろいですね、他にもたくさんの名作戦争映画はあると思います、おすすめの映画がありました教えて下さい。

広告を非表示にする